COMPANY会社概要

 通信事業のヒグマ(帯広市、飛岡抗社長)は2日、帯広市西8南1で長年運営していた「ソフトバンク帯広中央」を閉め、同所にスマートフォンやタブレット修理を正規で手掛ける全国チェーン「iCracked Store(アイクラックト・ストア)」をオープンさせた。コロナ禍で低迷する売り上げを回復させたい考えで、飛岡社長は「十勝では店内で修理対応できる店はまだ少ない」とPRしている。
 「アイクラックト」はアメリカ発で世界展開されている。iPhoneやAndroidの認定を受け、両製品の修理が可能。道内では札幌に次いで2カ所目、国内では62店目となる。
 ヒグマは1986年に音更町でヒグマ電器として創業。97年以降、通信事業を事業の柱とし、管内でも早い時期からソフトバンク(SB)の携帯ショップを経営。ただコロナ禍で来店客数は昨年比5割、売り上げが7割と低迷する中、修理や補償市場の拡大を考え、多角化することを決めた。
 新店は修理事業を主軸に据えつつ、引き続きソフトバンクの製品販売を続ける。店内には無料の飲料を提供する休憩スペース(8席)も設けた。飛岡社長は「いずれは月300件の修理を目指す。スマホを契約していた以前からのお得意客は引き継ぎつつ、新事業で来店客数増を見込んでいる」と話している。

2020年10月4日(日)十勝毎日新聞掲載記事より

会社名 株式会社ヒグマ
代表者 飛岡 抗
本社所在地 〒080-0018 北海道帯広市西8条南1丁目3-2
TEL.0155-24-1313 FAX.0155-24-1333
資本金 1,000万円
設立 昭和61年3月10日
売上高 2億2千万円(令和2年度)
従業員数 8名
役員 専務取締役 飛岡 博江
営業種目 携帯電話代理店・法人携帯電話代理店・モバイル保険代理店・iCracked Store 帯広中央
公職 帯広ロータリークラブ
とかち帯広「十志会」 代表

沿革

1986年 昭和61年3月(有)ヒグマ電器として独立し、主に家電販売にあたる。
1997年 デジタルツーカー北海道 帯広中央・旭川駅が開業、全道20店舗に選ばれる。
1999年 日産の経営再建により日本テレコムに譲渡されJ-PHONEとなった
2003年 ブランド名を「ボーダフォン』に、会社名を『ボーダフォン株式会社』に変更
2006年 社名を【株式会社ヒグマ】へ変更。資本を1000万とする。
2006年 ソフトバンクモバイルへ売却
2007年 ソフトバンク帯広中央移転オープン
2009年 ソフトバンク旭川駅(旧テレパーク)より譲渡される
2010年 ソフトバンク旭川中央として移転オープン
2010年 テレビCMカイ君の子供【海斗(カイト)】を譲り受ける
2012年 ソフトバンク旭川中央12月20日閉店
2013年 ソフトバンク帯広中央、ソフトバンクプレミアムショップへ昇格する
2014年 ソフトバンク帯広中央、5月24日(土)コンセプトショップリニューアルオープンする
2016年 10月よりさくら少額短期保険モバイル保険と契約代理を発足する
2017年 10月ソフトバンク法人BiZとの契約を行う
2018年 8月駐車場15台に拡大する
2018年 9月6日胆振東部地震災害発生
北海道全域ブラックアウトや二次被害も大きかった
2020年 8月31日 ソフトバンク帯広中央閉店
2020年 10月2日 iCracked Store 帯広中央オープン
2020年 11月1日 日本エンタープライズ株式会社様と「NE-コート」コーティング剤関連商材販売契約を開始する
2021年 4月1日 日本エンタープライズ株式会社様と「NE-コート」コーティング剤販売パートナー契約を結び代理店となる。(販売店募集)
2021年 5月21日 ほくでん様と電気契約コンサル委託協定を行い、従量電灯Bからエネとくポイントプラン契約の変更受付を行う業務委託開始する
https://www.hepco.co.jp/salesagent_list/index.html